陶磁器を売るなら
高価買取の「いちのや」へ

いちのやでは各地の焼き物や有名作家物などを、豊富な知識で幅広く買取しております。
有名窯元、作家物、人間国宝作品など、陶磁器を売るなら「いちのや」にお任せください。

陶磁器の高価買取に
自信があります。

いちのやでお取扱いしている陶磁器は、伊万里焼・鍋島焼・楽焼・大樋焼・備前焼・益子焼など各地域の伝統工芸品や、作家物の茶碗・花瓶・皿類や、古伊万里・古九谷などの古陶磁などがございます。
確かな目利き力を持つ査定士による、経験を活かした豊富な買取品目を実現しております。人間国宝や有名作家・窯元の作品は、買取市場でも高値で売買されており、美術品としても国内外から需要があります。
ご自身のコレクションの整理や、ご家族が大切にされていた陶磁器の売却をお考えでしたら、ぜひ、いちのやへご相談ください。「いちのや」の買取は、丁寧な査定と高額買取に自信があります。

陶磁器の買取品目例

  • 有田焼
  • 古伊万里
  • 京焼
  • 備前焼
  • 萩焼
  • 唐津焼
  • 益子焼
  • 九谷焼
  • 古陶磁
  • 土器
  • 作家物
  • 人間国宝作品
  • 日本陶磁器
  • 中国陶磁器
  • 李朝陶磁器
  • 西洋陶磁器

上記以外にも様々なお品物が買取可能ですので、
お気軽にご相談ください。

その他取扱陶磁器(一例)

陶磁器の買取実績

江戸時代 古伊万里 染付大皿

商品写真
一般的な買取価格
15~18万円
いちのや買取価格
250,000

江戸時代に作られた古伊万里の大皿を買取いたしました。
古伊万里は骨董品の中でもコレクターが多く、人気のあるお品物です。

今回のお品物のように白磁に青だけで絵付けを施したものは染付と呼ばれ、伊万里焼がうまれた時から作られている絵付け方法です。
青と白の2色で織りなすシンプルながらも味わい深い染付は、後の金襴手や柿右衛門様式など華やかな時代へと繋がる始まりを感じさせます。

続きを見る

バーナード・リーチ ガレナ釉大皿

商品写真
一般的な買取価格
5~8万円
いちのや買取価格
120,000

バーナード・リーチ作のガレナ釉大皿を買取いたしました。
バーナード・リーチは柳宗悦らとも交友のあった陶芸家で、日本美術にも関係が深い。

1913年、『古風な英国陶器』という本で初めてスリップウェアを知り、故郷イギリスの伝統的な技法を取り戻すべく仲間とともに研究を重ね、伝統技法を取り戻した人物です。
スリップウェアとは、皿などの表面にスリップと呼ばれる化粧土をかけて装飾を施した陶器で、厚みのあるあたたかな表情で人気があります。
ガレナ釉とは、イギリスの伝統的な釉薬で、焼成するとこのような黄色に変色します。

続きを見る

薩摩焼 金襴手花瓶

商品写真
一般的な買取価格
0~5千円
いちのや買取価格
8,000

豪華な金彩色絵が施された薩摩焼の花瓶を買取いたしました。
こちらのお品物は、薩摩焼の中でも白薩摩(白もん)という種類で、豪華絢爛な色絵錦手が特徴です。

白薩摩は島津藩の藩窯(苗代川窯)で焼かれ、藩主など一部の人のために作られました。
慶応3年(1867)のパリ万博に島津藩から出品し、「SATUMA」として海外で知れ渡り、輸出用としてもつくられるようになりました。
白薩摩は、陶器でありながらガラス質の磁器のような艷やかで繊細な土味も特徴のひとつです。
これは、原料となる土をブレンドし、水簸(すいひ)という作業を繰り返し行うことで生み出されるもので、手間のかかる作業を経てこそ作り出される美しさなのです。
ちなみに、白薩摩に対して黒薩摩(黒もん)も存在し、こちらは庶民用に酒器や雑器などがつくられました。

続きを見る

酒井田柿右衛門 赤絵海老文小皿

商品写真
一般的な買取価格
4~6万円
いちのや買取価格
80,000

今回買い取らせて頂いた小皿は、十二代酒井田柿右衛門の赤絵の海老文様小皿です。
有田焼の柿右衛門様式で知られている酒井田柿右衛門。人間国宝である十二代の作品を買取いたしました。

鮑型に作陶された濁手の小皿に、赤絵の海老が今にも動き出しそうに描かれています。
濁手と呼ばれる乳白色の素地は柿右衛門の代名詞ですが、一時期制作が途絶えていたのを十二代と息子の十三代の手によって蘇らせたものです。
また、赤絵を初めて完成させたのが初代柿右衛門であり、この小さな皿ひとつに柿右衛門の特色が凝縮して詰め込まれていると言えます。
このお品のように、余白を十分に活かした絵付けを一般的に柿右衛門様式と呼びます。

続きを見る

島岡達三 象嵌赤絵花瓶

商品写真
一般的な買取価格
1~3万円
いちのや買取価格
46,000

縄文象嵌が美しい島岡達三作の益子花瓶を買取させて頂きました。
島岡達三は益子焼の陶芸家で、縄文象嵌という技法を確立して人間国宝に選ばれた人物です。

この草花文の周りを囲んだ斜めのラインは、手書きの線ではなく、象嵌という技法で作られています。
象嵌といえば寄木細工のような木工象嵌が有名ですが、”はめ込んで作る”という意味では同じで、簡単に言うと、乾燥させた作品に縄や彫刻刀で凹みをつけ、化粧土を被せて焼成し、その表面を削る事で凹んだ部分に化粧土が入り込んで色が付くという仕組みです。

続きを見る

三代徳田八十吉 燿彩 ぐい呑

商品写真
一般的な買取価格
1~2万円
いちのや買取価格
25,000

三代徳田八十吉作の多彩な釉薬を重ね合わせた燿彩ぐい呑を買取を買取いたしました。
こちらは人間国宝 三代 徳田八十吉によるぐい呑です。

三代徳田八十吉は、初代徳田八十吉の孫にあたる九谷焼の陶工です。
一度見たら忘れられない、鮮やかで深い群青色が特徴で、海外からも高い評価を得ています。
今回のぐい呑も、特徴である群青と、九谷焼で用いられる黄・緑・紫が釉薬で絶妙なバランスに彩られています。何度見ても味わい深いぐい呑です。

続きを見る

陶磁器買取のよくある質問

  • 作家名や焼物の種類が分からないのですが大丈夫ですか?
    もちろん大丈夫です。
    経験豊富な査定士が、どのようなお品物かきちんとお調べし、お値段付けさせていただきます。
    また、必要に応じてお品物の説明もさせていただきます。
  • 陶磁器に合った買取方法はありますか?
    陶磁器のような割れ物の場合、関東近郊の方には出張買取をオススメしております。
    出張買取なら梱包の手間もかからず、輸送中の破損の心配もいりません。
    いちのやなら出張費・査定費無料にて承っております。
  • 箱と中身が一致していないのですが買取可能ですか?
    もちろん可能です。
    箱と中身が一致していなくても、箱がなくても、きちんとお調べして買取いたします。
    他の箱と入れ替わっていただけという事もございますので、その場合はお知らせし、本来の箱に収めますのでご安心ください。

出張費・査定費すべて無料。

画像

いちのやは、出張費・査定費などの手数料をすべて無料で承っております。
宅配買取は全国どこからでも送料無料で利用できます。

確かな鑑定力と豊富な販売ルートで高額買取。

画像

経験豊富な査定士による確かな鑑定力と、お品物に合わせた独自の販売ルートを豊富に持っているため、どこよりも高く買い取る自信があります。

豊富な知識をいかした幅広い買取品目。

画像

いちのやは、買取品目がどこよりも豊富です。様々なお品物を見てきた目利きだからこそ、他店では取扱いできないお品物も買取可能です。


買取の流れ

  • 出張買取

    「手間や時間をかけたくない」「品物が多い」方におすすめ。
    出張費・査定費無料!自宅で待つだけ。

  • 宅配買取

    「日中に時間がとれない」方におすすめ。
    送料無料!自宅から送って売れる。

画像

1.お電話またはWEBからお申込みください。

画像

2.お申込みいただいた日時にお伺いいたします。

画像

3.査定士がお品物を丁寧に拝見し、査定いたします。

画像

4.買取成立の場合、その場で現金にてお支払いいたします。

対応エリア

神奈川・東京を中心に関東近郊へ無料で出張いたします。
宅配買取は日本全国どこからでもご利用頂けます。

  • 北海道
  • 北海道
  • 東北
  • 青森県
  • 秋田県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 山形県
  • 福島県
  • 関東
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 茨城県
  • 群馬県
  • 栃木県
  • 中部
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 新潟県
  • 山梨県
  • 長野県
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 関西
  • 大阪府
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 和歌山県
  • 奈良県
  • 兵庫県
  • 三重県
  • 中国
  • 岡山県
  • 鳥取県
  • 広島県
  • 島根県
  • 山口県
  • 四国
  • 香川県
  • 徳島県
  • 愛媛県
  • 高知県
  • 九州
  • 福岡県
  • 大分県
  • 宮崎県
  • 熊本県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 鹿児島県
  • 沖縄
  • 沖縄県

※離島等一部の地域からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。
またお品物の点数等により出張での買取が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。

画像

1.WEBからお申込みください。

画像

2.梱包して着払いにて送付してください。

画像

3.査定士がお品物を丁寧に拝見し、査定いたします。

画像

4.査定額にご納得いただければ、ご指定の口座にお振込いたします。

対応エリア

神奈川・東京を中心に関東近郊へ無料で出張いたします。
宅配買取は日本全国どこからでもご利用頂けます。

  • 北海道
  • 北海道
  • 東北
  • 青森県
  • 秋田県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 山形県
  • 福島県
  • 関東
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 茨城県
  • 群馬県
  • 栃木県
  • 中部
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 新潟県
  • 山梨県
  • 長野県
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 関西
  • 大阪府
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 和歌山県
  • 奈良県
  • 兵庫県
  • 三重県
  • 中国
  • 岡山県
  • 鳥取県
  • 広島県
  • 島根県
  • 山口県
  • 四国
  • 香川県
  • 徳島県
  • 愛媛県
  • 高知県
  • 九州
  • 福岡県
  • 大分県
  • 宮崎県
  • 熊本県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 鹿児島県
  • 沖縄
  • 沖縄県

※離島等一部の地域からのご依頼に関してご対応できない場合がございます。
またお品物の点数等により出張での買取が難しい場合は、宅配買取をご案内する場合がございます。

新着情報・買取強化情報

  • 眞葛焼を売るなら
    高価買取の「いちのや」へ

    いちのやでは、眞葛焼(宮川香斎・宮川香山)の作品を買取強化しております。 眞葛焼とは京焼のひとつで、東山真葛ヶ原に開窯したことからその名が付けられました。京都を中心に作陶をする傍ら、海外への輸出用とし…

  • 葉山有樹の作品を売るなら
    高価買取の「いちのや」へ

    いちのやでは葉山有樹の作品を買取しております。 葉山有樹の陶芸作品は「細密画」という緻密な絵が隙間なく描かれ、唯一無二の世界観で作品ひとつひとつに物語が込められています。もちろん人気の理由はそれだけで…

  • 樋渡陶六の作品を売るなら
    高価買取の「いちのや」へ

    いちのやでは樋渡陶六の作品を買取強化しております。 白磁の彫刻を得意とし、その緻密な作品は数々の賞を受賞しています。 長年に渡り13代酒井田柿右衛門窯で技術を磨き、独立した後も自身の窯で柿右衛門様式の…

【陶磁器を高く売るなら「いちのや」へ】

陶磁器とは土を練り固めて焼成したものの総称で、単に「やきもの」と言う場合もあります。
六古窯(瀬戸焼・常滑焼・越前焼・信楽焼・丹波立杭焼・備前焼)や美濃焼・織部焼・志野焼・楽焼・大樋焼など日本各地に様々なやきものがあり、それぞれ特長を持っています。日本では、古くから土器をはじめとした陶器が作られ、安土桃山時代には茶の湯の流行に伴い、楽焼の茶碗などの製陶が盛んに行われました。
一方、磁器が日本で作られはじめたのは1610年代というのが定説となっています。
それまでも日本に磁器はありましたが、それらは主に中国からの輸入品で、日本では作られていませんでした。
朝鮮から来た陶工、李参平(日本名:金ヶ江三兵衛)が有田の泉山で白磁石を発見したことが、日本で磁器が作られるようになったきっかけと言われています。白磁石が発見された地名から、有田焼と命名されました。
白磁が作られるようになってからは、陶工らによって昇華され、特に酒井田柿右衛門が考案した濁し手(青みのない乳白色の素地)に、余白を有効に使った色絵磁器は、今日でも「柿右衛門様式」として非常に人気の高いものとなっています。
1659年になると、ヨーロッパへ大量の色絵磁器が輸出されるようになり、世界に日本の磁器が広く知られるようになりました。
有田焼のことを伊万里焼と呼ぶことがありますが、その理由は、かつて有田焼が各地に出荷される時に出港していた港が伊万里であったために、伊万里から来た磁器ということで伊万里焼とも呼ばれるようになったのです。
今では有田地方、伊万里地方と、それぞれの地域で作られたものを各々、有田焼、伊万里焼と呼び分けることが多いようです。
いちのやでは作家物・有名窯元・各地域のやきものの他にも、九谷焼・益子焼・萩焼・唐津焼など様々な陶磁器を高価買取しております。陶磁器を高く売るなら「いちのや」にお任せください。

無料相談・買取申込 0120-274-888 (10:00~18:00 年中無休)